マイホームを建てるとなるとイメージ通りの家造りをしたいと思うものの、どうすれば理想的な家になるのか悩む人もいるのではないでしょうか。失敗しない家造りのためのポイントや業者選びのコツについて見ていきましょう。

理想通りの家造り

家全体のテイストをまずは決めよう!ナチュラル系?それともモダンでシックな家?

おしゃれな家に憧れるのであれば、まずは家全体の雰囲気を定めることがポイントです。木のぬくもりを感じる自然なカントリー調ハウス、ポップで明るいアメリカンな雰囲気が漂う家、またベージュ系と黒でまとめた…

やりたいことが多すぎて予算がオーバーすることも。家造りで予算内におさめるコツは?

家造りを予算内で行うためには、資材選びも重要になってきます。ドアやフローリング、窓や内壁など、使う材料によって価格も異なるからです。同じように見える木材でも、安いものから高価なものまであります。安…

外壁の色や内装など、イメージを業者にリアルに伝える方法

家造りでは、出来上がってみると外壁や屋根のカラーが思っていた色と違うという失敗例がよく見られます。これは、小さな色見本で決めると、広い面積に施工したときに実際の色が色見本より濃くなることがひとつの…

家造りを依頼する業者選び

満足いくマイホームを建てるためには、業者選びも重要です。けれどもこれだけたくさん業者がある中で、安心して任せられる業者選びも難しいものですよね。今回は、素敵な家造りをサポートしてくれる良き業者の選び方のポイントについて紹介します。

価格以外も重要!見積り依頼をする際にチェックしておきたい3ポイント

自社で見積りから営業、施工までしてくれる業者の魅力とは?

そのスタッフで大丈夫?担当者との相性が大切な理由

家造りは業者との念入りな打ち合わせが肝!

家を建てるにあたって、間取りから内装外装までどんな家にしたいかをしっかりと業者に伝えることが重要になってきます。とにかく念入りな打ち合わせを行うことが、理想の家造りには欠かせません。 担当者が話しにくい人であったり、あまり親身になってくれなかったりすると、打ち合わせもできませんよね。質問もしにくいですし、工事をしてから「もっとしっかり話し合っておけば良かった」と後悔する点が出てくるかもしれません。 外壁の色ひとつにしても、自分のイメージをスタッフに伝えるのはなかなか難しいものです。何回も嫌がらずに打ち合わせをしてくれるスタッフなら、思い通りのカラーの外壁に仕上がるでしょう。 相性の良い担当者スタッフなら、納得いくまで打ち合わせもできてスムーズに家造りが進むはずです。

家が建った後もアフターフォローをしてくれるスタッフがベスト!

家造りは、見積りから始まり、家が建ったらそれで終了でもありません。住み始めてから、何らかの問題が見つかることもあります。そんなときに、アフターフォローもしっかりしている業者であれば、すぐに駆けつけてくれて安心ですよね。 業者によっては、スタッフの離職率が高い所もあります。そのような場合、家が建つまでに担当者が突然変わるケースも見られます。担当者が変わると、また1から説明しなければ伝わらない部分も出てきて困りますよね。 出会ってから家が建つまで責任を持って家造りを担当してくれるスタッフであることが、まず第一ですね。そして家が建ってからもこまめに様子伺いの連絡をくれるようなスタッフであれば、問題ありません。 相性が良くて責任感もあるスタッフなら、安心して任せることができるのです。

二世帯住宅で安全に暮らすための物件選びについて

二世帯住宅は主に親子に分かれた二つの世帯が一つの建物内で暮らします。高齢の世帯が住むケースが多いので、バリアフリー設計で建てられた物件を選ぶのが快適に暮らすための条件です。