自社で見積りから営業、施工までしてくれる業者の魅力とは?

ダイレクトに話ができて家造りがスムーズに進む!

自社で工事もしてくれる会社の場合、設計時・施工中・さらには工事完了後の相談まで、すべて同じ会社のスタッフと話すことができますよね。ところが工事の請負会社が別にある場合は、担当者が変わってきます。違う人にまた、同じ説明を繰り返さなければいけない場合も出てくるでしょう。スタッフを通して大工さんに話がいく場合、内容が食い違って伝わってしまう可能性もあります。そうなると工事が滞る上に、トラブルも生じやすいのです。 一貫して一つの会社が受け持ってくれると、ダイレクトに担当者と話ができてスムーズに工事が進みます。無駄な時間がかからないこと、トラブル防止になることはとても大きなメリットです。さらに家造りのはじめからずっと一つの業者に見てもらえるので、業者側も施工主のこだわりや希望をよく分かってくれるという良さもありますね。

責任を持ってはじめから終わりまで担当してくれるので安心!

自社一貫体制の会社は、工事も自社でしている分責任感も強いと言えます。見積りの時点から工事完了まで、何かあったときはすべてその会社にかかってくるのです。だからこそ、スタッフみんなが誠意を持って丁寧に対応してくれて信頼できるでしょう。
また自社一貫業者の場合、アフターフォローもその会社が行ってくれます。家を建ててしばらくして何らかの修繕を行う必要が出てきた際に、また新しく別の会社を探すのは大変です。工事が請け負い会社の場合、家を建てた業者とはまた違う所にリフォームを頼まなければならないケースが多いでしょう。けれども自社一貫の所なら、何かあったとき、あのときの笑顔の大工さんがまた駆けつけてくれるはずです。顔見知りの業者なら、いつ何時でも気軽に相談できて安心ですね。